完成

d552b993c26ffa50901dc1300f565d060ca26ed5.jpgaf3c7369a4901687931e307ba14028141cd1bb8f.jpg

改修前は、南側の日当たりが一番良い場所に

伝統的な和室がありましたが

今回、ご子息様家族が家を引き継ぐのに際し

その場所にリビングダイニングを配置しました。


改修前の和室

b295a55b4adcc8444368cf07a8716b895aa094c1.JPG

養生が取れ徳島すぎの内装が現れました

d685cd7aa94c1c66c2eee98e7a46546a9bf5fae4.jpg5fe15bdae1bbe7774693d659ab4db130eed451af.jpg7bea8e93c3f4848707bad29a61a61f9edbea7318.jpgd5ef1da7b0ac2031ef515b24c6ab11412d11f591.jpg404960fee8dfed0d8f47184c8787850570c40156.jpg2e7e198ebcc2235a719a0aabd060ddc1c49a7c02.jpg

解体~天井杉板張り

リフォームで、「作る」のと同じくらい大事な工事は「解体」です。

当社は、解体を解体業者に依頼せず、大工さんが解体します。

その理由は、

①丁寧に解体してほしいから

②木の家の仕組みを理解しているから

③若い社員大工に昔の大工さんの仕事(細工)を知ってほしいから

というのが大きな理由です。

DSC_0237.JPGDSC_0242.JPG

解体したところ、写真のように梁に丸太を多用していましたので

施主様の意向もあり、今回のリフォームで丸太梁を意匠で現すことにしました。

そして天井材には、徳島杉の板材を使用しました。

板材を使うことで何十年もの間メンテナンスフリーです。

IMG_3225.JPG
IMG_3221.JPGIMG_3222.JPGIMG_3220.JPG

徳島すぎでリフォーム S様邸

S様邸は築37年の入母屋住宅。

同じ敷地内の離れで住まれていたご子息様家族が、母屋を住み継ぐため

リノベーションをしています。

外装は現況を活かし、屋内に徳島すぎをふんだんに使用

耐震改修(上部構造評点1.11)、断熱改修(壁ふかしセルロースファイバー工法)、全窓内窓設置

間取り変更(LDKを中心に若いご家族世帯の暮らしを考慮)等々

今後も、安全かつ快適に暮らせる工夫を盛り込み工事が進んでいます。

工事の進捗状況は、順次ご紹介して参ります。

お問い合わせと資料請求のご請求

家づくりに関するお問い合わせ・弊社に関するご質問等、また、山田工務店で用意している家づくりに役立つ資料をご希望の方は下記からどうぞ

  • お問い合わせ
  • 資料のご請求