吉野杉の丸太

大工さんが手刻み真っ最中の、阿南市A様邸新築工事。

構造材の中で最も目立つのは、やはりこの丸太柱で

床から屋根まで一本物で通ります。

丸太の加工は大工さんの手でなければ、プレカット機械ではできません。(プレカットは角材しか対応ができません)

将来AIが発達したら不整形の材でも加工できるのでしょうかね~??


5e50306313f153de103e7f1fb2c9fd7bfc41b394.jpegf8b582902c72c3f535a6adf59ee1f9bcf1f86eba.jpeg

丸太の木が家の部材になるまで

現在切り組み中の入母屋伝統工法の家(阿南市A様邸)

この家では梁に丸太を使用しますが、丸太梁の切り組みが完了しました。


一本の木が家の梁になるまでの過程を紹介します。


材木屋さんから伐ったままの状態で作業場へ送られます。

まずは、虫が入らないように皮むきをします。

IMG_4642.JPGIMG_4684.JPG

次に、カンナを使って成形をしていきます。

大工さんの経験が生かされます。

4fd54b475f0fe240bc6d31ae6ac3d0e3090bcbe1.JPG

そして、切り組みをし家の梁になります。

b6ff1879375735e1f8bf02772b4a72550223ae2f.JPG

熟練大工さんの見事な技です。

現代は、このような丸太を使う家は少ないかもしれませんが

次代を担う大工への伝統技術の継承は必須です。

弊社では、若年大工を積極的に雇用育成しながら伝統技術も習得し

家守りができる地域工務店としての役割を果たしていきたいと考えています。

優先順位

住宅業界はめまぐるしく変化し

消費者様にとっても私たち業者にとっても非常にわかりにくくなりつつあります。

下記3項目において弊社の家づくりの優先順位を整理してみました。

『自然素材でつくる家』『長期優良住宅』『ZEH』

家づくりをする上でこの3項目すべてが叶えられると理想なのですが

好みやご予算のことを考えるとそうはいきません。

では何を優先させるか、弊社がお薦めする順序は

自然素材でつくる家 > 長期優良住宅 > ZEH

となります。


『自然素材でつくる家』は、弊社にとって会社の方針そのものです。

無垢材や漆喰、和紙など自然素材を使用し、空気質のきれいな家をつくるのを基本としています。

そして無垢材や塗り壁を多用することで、必然と大工さんや左官屋さんの手仕事が増え

技術の継承に繋がっていきます。


『長期優良住宅』は、性能を担保したり、維持管理など

これまでの家づくりでは無かったノウハウが詰まっています。

とても大切な制度です。


『ZEH』は、消費者の皆様もZEH(ゼロエネルギーハウス)という文字が

最近よく目についたり耳にすると思います。

将来の電気料金やエネルギーのことを考えると

光熱費の収支をおおむねゼロにするのは家計にとっても大事なことです。

大工さんの技

先日完成お引き渡ししたU様邸でも、大工さんの技が光りました。

弊社の家づくりは、工業製品(工場生産の樹脂製品)を使わず

無垢材(本物の木)を使用するので

おのずと大工さんの技術が必要になってきます。

大工さんが、ノミ、カンナ、ノコギリ、差金等の手道具を駆使し

本物の木の家を建築しています。

U.JPGc8eb2fe44d08f70b84bbc7ddd0bfb7eb29cad413.JPG0c4a2400448cf1c783c3e9aacf22ee51b22c7549.JPGcc7b9e4417deae139671aad15b2d3895d78f4953.JPG

完成お引き渡し

徳島市F様邸建て替え工事が無事完工し、先日お引き渡しを済ませて頂きました。

F様、工事期間中はご協力頂きありがとうございました。

維持管理業務も頑張りますので今後とも宜しくお願いいたします。

さて本日、建て替え前のお家のパーツをリメイクした『もの』を届けて参りました。

まずは、

玄関の窓に入っていた内障子を『あかり』にリメイクしました。

7d283a3f7e99751a494035a869d1a497d87a9c5e.JPG7cf8d60771c72c13924863506d31b52e1a39c4ab.JPGffd3496988d90637127d7e91face800a32c05d1e.JPG


次は

タンスの引き戸を『お盆』にリメイクしました。

60d01b28a47994f2f85f6a497736c5493fb99f4a.JPGaee4109bdfe8638654bcd1ca747086b2dbe27c08.JPG
次は下足箱。

幅900㎜の引違い戸だったものを

幅600㎜の両開き戸にリメイクしました。

b3902ecb494f2d6e802dbb003dca7e5c80a9c4e6.JPG8f565c3df8421cbf7ecd7e4f25890daf12521791.JPG

最後は表札。

前の家ではコンクリートに埋まっていた金属製の表札を

ケヤキ板をくり抜いてはめ込みました。

大工さん手作りの暖かい表札にリメイクしました。

a7ccb63d785c0e9049210cd3b5ce667593ad2c99.JPG0ef5ded56559782e32e7a05aacd0ae47c7273f48.JPG

弊社の家づくりは、ものを大切にする家づくりを心掛けています。

ものを大切にし、ご家族の歴史をつなぐお手伝いもさせて頂きます。

お問い合わせと資料請求のご請求

家づくりに関するお問い合わせ・弊社に関するご質問等、また、山田工務店で用意している家づくりに役立つ資料をご希望の方は下記からどうぞ

  • お問い合わせ
  • 資料のご請求