そよ風

そよ風とは

 化石燃料の消費を節約し、簡素に、心地よく暮らす工夫、それが《そよ風》です。

 冬と夏の理想の温熱環境をつくりだす《そよ風》の運転パターンをご紹介しましょう!!

 お日さまもエアコンもストーブも、かしこく、無駄なく、利用します。

そよ風の仕組み

 屋根下で暖められ棟へあがってくる空気を屋根上に設置されたチャンバーで集め、集めた空気を屋

内に設置するリターン口と取込ファンを経てダクトで床下へ導く、シンプルな仕組みです。一日中ゆっ

くり空気が動き、わずかずつ換気が行われ、新鮮な外気がゆっくりと取り込まれる  ので、健康にも

良く、高齢者だけでなく誰にとっても良い温熱環境をつくることができます。

 

冬の仕組み

そよ風冬昼.gif

 温風取入運転

冬の朝、日射があり棟温度が28℃以上になると、ダンパー が開き,取込ファンがまわり、温風の取込みがはじまります。 同時に床下に蓄熱をします。そして、トイレを含め家の 隅々まで暖かくなりす。 夜は、蓄熱層の放熱で室温を保ちます。

  そよ風冬夜.gif暖房循環運転

 昼間日射がなく寒いときや、夜間に蓄熱が足りないときに、ストーブを焚いて循環運転をさせると、ストーブの熱を家中に広げることができます。 一部の床だけを暖める床暖房とは違い、家中が快適です。 温水ボイラー、エアコン等いずれの熱源でも機能します。 温水ボイラーでは、室温は自動制御となります。

夏の仕組み

 

そよ風夏昼.gif 排気・冷風循環運転

 夏の日中、屋根は高温になります。 図は、上昇気流の原理で温風が棟まで昇り、屋根の上で自然 排気されている様子です。ダンパー板は、屋内側を閉じて、 屋根の [排気熱] は屋内には入りません。そのうえに、採熱板(★)は高温の屋根の熱が屋内側に進入するのを防ぐ遮熱の効果もあります。《そよ風》は、夏に暑くないソーラーシステムです。大きな屋根では排気ファンを使い、強制排気も選べます。 図は、夏の日中に屋根の上では排気をしている時に、屋内 では冷風循環運転がされている様子です。 夏の日中に、部屋のエアコンで冷房を、《そよ風》で循環運転 を選ぶと、涼しさを家中に広げることができます。 蓄熱層のはたらきで、小さなエアコンでも効果的です。

そよ風冬夜.gif

涼風取入運転 

 夏の夜、金属屋根は冷たくなります。 これは放射冷却現象と言われるものです。 夏の朝、外の車の屋根にびっしりと露がついているのは、この 放射冷却現象により金属製の車の屋根がまわりの空気より、 はるかに冷たくなり、大きな温度差が生じて結露が発生したの です。 《そよ風》は、夏の夜にはこの現象を利用して、冷たく なった金属屋根の裏側の涼風を屋内に取込みます。 採熱板(★)のはたらきで、より涼しい風が得られます。 《そよ風》の家は、夏の夜は冷たさの蓄熱をします。  朝になると、高原のさわやかさを感じることができます。 図は、ダンパー板が外気を塞ぎ、涼風を取込んでいる様子で す。《そよ風》は、涼しさもつくるシステムです。


お問い合わせは、こちらのメールフォームよりご送信ください。

下記のフォームからお申込みください

※ご入力いただいた個人情報は、お申し出いただいたご相談対応のためにのみ利用致します。

お名前
例 山田 文夫
ふりがな
例 やまだ ふみお
郵便番号
半角入力:例 012-3456
ご住所

例 徳島県小松島市江田町字敷地前79-1
電話番号
半角入力:例 0123-4567-8901
メールアドレス
半角入力:例 yamada@shikinoie.co.jp
ご年齢
その他ご意見・ご要望
ご質問など

例 断熱・防音等色々相談できますか?

お問い合わせと資料請求のご請求

家づくりに関するお問い合わせ・弊社に関するご質問等、また、山田工務店で用意している家づくりに役立つ資料をご希望の方は下記からどうぞ

  • お問い合わせ
  • 資料のご請求